カタロニアサーキットや気になる用語集について解説します

F1ガイド

不明な用語はありませんか?

海外のF1を観戦しているような時に、解説を聞いていても分からない用語が度々あるといった方も多いのではないでしょうか。F1をもっと楽しむためにも、よく使用される用語についての知識を深めておくと良いでしょう。

F1の気になる用語集

アンダーカット

F1ではタイヤ交換を行うような場面が必ずあるものです。この時いかに短い時間でメンテナンスを終了させ、新しいタイヤの能力を最大限に生かし相手に差を付けることができるのかという試みをアンダーカットと呼びます。

デグラデーション

レース中にはタイヤの表面が削れてしまい、性能が落ちてしまうようなことがあります。そのようなことをデグラデーションと呼んでいるのです。タイヤの摩耗はマシンの速さに大きな影響を与えています。

作動温度領域

タイヤは温度を調整することで、性能を良くすることができるものです。タイヤにとって良い温度となる領域のことを作動温度領域と呼んでいるのです。この作動温度領域はタイヤの種類によって異なってきます。

アンダーステア

F1のレース中にはトラブルも多く発生するものです。このトラブルの一つとして、ハンドルの制御が不能になるといった事があります。このようなケースをアンダーステアと呼ぶのです。

スティント

スタート地点~ピット、といった区間のことをスティントと呼んでいます。スティントは場所によって番号が割り振られることとなります。

サーキットでの観戦方法

旗

スペイングランプリの開催地について

スペインでF1の観戦ツアーに参加したいと考えているような方は、そのサーキットの情報について事前に知識を得ておくことをお勧めします。ここではスペインのカタロニアサーキットについてご紹介していきます。

コースの特徴について

スペインのカタロニアサーキットは、非常に過酷な条件の揃ったコースとなっていることが特徴となっています。カタロニアサーキットで速く走れたのならば、他のサーキットではもっと速く走れると言われるほどなのです。コーナーが多く用いられている上、ストレートのコースも非常に長く、アップダウンの差が激しいことも特徴となっています。そのためドライバーの技術が多く試されるコースと言えるのです。

環境が不安定

カタロニアサーキットがある場所は風向きが安定していないことが多くあり、この風向きはレースに大きな影響を与えていることとなります。そのため、会場に合ったマシンの調整を行ったつもりが、環境の変化によっては調整が大失敗してしまうようなリスクもあるのです。カタロニアサーキットではマシンのセッティングを行うことも非常に困難だと言えるでしょう。